浜松・三方原(みかたはら)ばれいしょ物語①/2

 

昨晩の雨からうって変わって、ピーカン!

晴れ男の実力発揮です!!

 

浜松の三方原(みかたはら)馬鈴薯は、男爵(だんしゃく)という品種で、主に北海道で生産されるものです。

それを暖かい浜松で生産し、「日本で一番早い男爵」、「傷1つない、きれいなじゃがいも」という付加価値を付け、高い金額で販売されています。

 

今回、次世代乗用ピッカー「アガール」の実演なのですが、

 

傷1つない…」

 

という部分が引っかかりました。やはり機械を使う以上、傷は絶対に入ってしまうからです。

 

本日は昨晩の雨の影響で実演できなかったので、馬鈴薯選果場を見学しました。

 

 

選別ラインでも傷が入らないようなシステムになっており、傷…というもののクオリティを思い知らされました。

 

明日の実演どうなるか…。ベストを尽くします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です